《男子会潜入》男子が友達に本音で語る「彼女自慢」ってどんな内容?

ハウコレ画像
どうもあかりです。今回は、知り合いの男子たちをかき集めて開催した、男子同士の「リアルなノロケ話」をご紹介します。
これを読むことで「男子が彼女に求めているもの」「男子が彼女のどこを評価してるか、どこが好きか」に気づけると思うので、彼氏との関係向上に生かしてもらえると嬉しいです!
では早速行きましょう。

■「彼女は、苦手なこともがんばってくれてる」

「自分でもあんまり料理が得意って思ってないはずなのに、『これも練習だから!』って一生懸命何度もトライしてくれてると、俺のために頑張ってくれてるんだなっていうのが伝わって嬉しい」(エンジニア/24歳)

「できることをそつなくやる」よりも、「苦手だけどがんばる」ほうが、たしかに「あなたのことが好きだからこそ」という気合い・気持ちが伝わってきます。
もっと広い意味でいえば、「好きな人のために自分を変えたい」という姿勢が、恋人に対してはすごく響くとも言えるかもしれません。

■「俺のことをわかってくれてる」

「毎日夜遅くまで仕事をして平日ほとんど連絡とかとれなくても、『休日のデートで埋め合わせしてもらってるから大丈夫〜』って言ってくれるところが嬉しい」(コンサル/26歳)

若干補足しますと、これは単に「仕事への理解」という狭いものじゃありません。
彼氏の立場で見れば「俺だって本当は平日も彼女と会ったり、連絡したりして過ごしたいけど、将来のために日々がんばらなくちゃ立派な社会人になれない。でも彼女をさみしい気持ちにさせているかもしれない。そういうジレンマを俺が抱えているのをわかった上で、俺と付き合ってくれている」というところに、「俺のことをわかってくれてる」という評価が生まれているのでしょう。

■「ガミガミ言わないところがいい」

「休日とか、正直すごくだらしない生活してるし、部屋とかも汚いけど、母親みたいにあまりガミガミ言ってこないところが地味にいい。『こうしなきゃダメじゃん!』みたいに言ってくる元カノばっかだったから」(通信/23歳)

だらしないよりはきちんとしているほうが、人としては理想的なのかもしれないけど、簡単に言うと「自分の価値観と違う部分」がある彼氏を許せるかどうかが大事だということです。
それを「自分の価値観」に合わせるように矯正させようとすると、やはり彼氏側から見たときに「付き合いにくい」相手になってしまいますからね。

■「彼氏からどう見えるか」を知ってる

「浮気とかは論外だけど、それ以前に、彼氏を不安にさせないような付き合い方を心得てる。仮に昔から仲がいい人でも、異性と二人きりでご飯を食べに行ったら彼氏がどう思うか、とか」(ウェブ系/28歳)

もちろん「自分はこういうつもり」という主観も大事だけど、それ以上に「それを知った彼氏がどう思う?」という視点も重要。
このバランス感覚が良い女子は、彼氏を余計な不安にさせることがなく、安心して好きでいてもらうことができるので、結果、彼がどんどんのめり込んでいくんですよね。
もちろんこれは、女子から彼氏を見たときにも同じことが言えます。

■とりあえず「一緒にいて幸せそう」

「自分と付き合ってて、楽しそうとか、幸せそうにしてくれてるところが自慢かな。それだけあれば十分じゃないかと思う」(出版/24歳)

私の知り合いにもひとり、「彼女ってどんな人?」って聞くと「なんかいつも楽しそう」ってよくわからないあいまいな返事をしてくる男性がいるのですが、よくよく考えてみればこれも立派なノロケね。
だって、自分と付き合っている恋人が楽しそうにしてくれてるって、お互い愛し合って満たされている証拠。二人で幸せな関係を築けていますってことだから。
付き合っていると嫌なこともたまにはあるけれど、基本いつも楽しそうに、幸せそうにはしていたいものですね。(遣水あかり/ライター)
関連記事:「好きすぎる・・・!」男子が彼女につい惚れ直してしまう瞬間
(ハウコレ編集部)

<関連記事>

presented by : 

恋愛コラムpresented by ハウコレ

人気の相談


新着の相談


解決した相談


公式アカウント